施工管理の転職先は探し方次第で良い転職先に出会えます。会社名で調べたり転職サイトを活用したりすると良いでしょう。

稼ぎたい人向け!給与の高い施工管理の転職先を探す方法とは?

by admin01

施工管理に転職を考えている人は具体的に年収がどれくらい欲しいと思っていますか?

年齢によって異なりますが、平均年収は400万円から500万円と言われています。

多いと500万円以上の年収を貰っている社員もいます。

・転職サイトを使えば年収が一目でわかる。

最も簡単に高収入の転職先を探す方法は「転職サイトを活用する方法」です。

検索する際に最低給与を決めて検索すれば、自分が求める給与以上の転職サイトが一覧で出てきます。

また、有料の転職サイトを活用すればワンランク上の転職先が出てくることもあります。

転職サイトの検索は細かく設定できるので、活用してみましょう。

・資格を持っていれば年収が少し上がる

「施工管理技士」という資格を持っていれば年収がさらにアップします。

施工管理へ転職する際、資格は必要ありません。

しかし、資格を持っていれば高収入を狙えます。

施工管理技士の資格を持っていることで、年収が50万円ほど上がります。

資格は転職後でも取得することが可能です。

《関連記事》現場系の資格が強い?65歳以上でも「高給」なのはどんな人か(幻冬舎ゴールドオンライン) – Yahoo!ニュース

・確実に高年収を狙いたいなら資格は取得するべし!

冒頭でも説明した通り、施工管理の平均年収は400万円から500万円です。

しかし、この年収は正社員の場合のみです。

契約社員の場合はもっと下がってしまいます。

施工管理技士の資格を持っていれば、500万円以上の年収が期待できます。

中には年収1000万円以上の施工管理技士もいます。

確実に高年収を狙いたいなら、資格取得を検討してみましょう。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2020 これでわかる!施工管理 転職コンシェルジュ | Powered by WordPress